ブログ DvsT Storeとは 購入方法 道場・ジム検索 道場紹介 道場掲載依頼 Team RYUKO バックナンバー リンク お問合せ
ようこそゲスト様 | ログイン | 会員登録 | 注文履歴 | 会員情報確認・変更 |
購入合計額:0円

[雑誌] ゴング格闘技 8月号

戻る
[雑誌] ゴング格闘技 8月号[gong-mg-14-aug]
  • [名称] [雑誌] ゴング格闘技 8月号
  • [価格]\1,180(税込 incl.Tax)
  • ポイント/Point: 10%
  • 在庫2冊
ゴング格闘技
8月号 

近年稀に見る急激な進化を見せている柔術世界大会「ワールド柔術」を現地取材。競技柔術とは一線を画すグレイシー勢、高専柔道百年なども取材した「柔」特集は必読です。互いに火花を散らす、それぞれの柔術観から見えてくるものとは?

また、「立ち技新時代」とも言える、新たな動きを特集。K-1やBLADEなどビッグマッチの団体代表らによる展望、さらなる新展開にも注目です!

◆特集・このサムライを見よ
 SAMURAI MIXED MARTIAL ARTS

☆5.24 UFC 173 試合リポート
「見えてきた──世界。
 水垣偉弥が日本人初オクタゴン5連勝!」

☆現地インタビュー!
リベラ戦直後、
『生』水垣偉弥

日本人初のオクタゴン5連勝を果たした水垣偉弥。試合の後は眠ることができない、興奮した状態にある。そんなアドレナリンが出た状態のファイターとして素の状態にある水垣に試合を振り返ってもらった。冷静になる前、現地直送『生』水垣の声を聞いてほしい。
☆World Bantam weight Fighters Map
水垣偉弥を巡る、
バンタム級の世界

☆まるごと“タケヤ”
水垣偉弥 A to Z

☆水垣はなぜ勝ち続けられるのか?
大宮司岳彦トレーナー
肩甲骨と股関節に秘密あり
「水垣選手は〝使える身体?です」

☆水垣驚愕の「内旋」ストレートの秘密

☆練習仲間が語る水垣
大沢ケンジ/マモル

☆菊野克紀はなぜ敗れたのか?
吉鷹 弘×山城美智
「リーチ差がある相手には……」

☆6.14 UFC 174 試合リポート
「UFCよ、これが田中路教だ。ノリ、これがUFCだ !!
 ストラッサー起一は金星サラフィアン破り、日本大会出場をアピール」

☆6.7 UFN 試合リポート
「ロシアン旋風に巻き込まれず、
 強い、ベンソン・ヘンダーソン」

☆5.31 UFN 試合リポート
「一階級上で代役出場マルドナド、
 ミオシッチに35秒KO負け」

☆5.31 UFN 試合リポート
「変幻自在のムサシ流。
 ムニョスに完全勝利で存在感を示す」

☆最強MMAアカデミーの創り方
 by アンドレ・ペデネイラス(ノヴァウニオン総帥)

最強MMAジム候補として常に名前が挙がるノヴァウニオン。プロのファイトビジネスとして離散集合が激しい他のジムと違い、ノヴァウニオンのメンバーは、ほぼ固定されている。出稽古もない。打撃もレスリングも、そして柔術も道場で行なう。ある意味、特異な環境を持つノヴァを統率するアンドレ・ペデネイラスにその強さの秘密を尋ねると、ペデネイラスの口から、17歳の時に柔術を始めた頃の物語が語られることとなった──。

☆Blackhouse代表、RFA社長エド・ソアレスに聞く
 UFCを頂点とするMMA界──における正しいUp-coming Showの有り方

☆話題の短期集中連載・打撃論(03)
 シュートボクセ→KINGS MMA
 PRIDE時代→UFC時代を見続けてきた
 名参謀ハファエル・コルデイロが説く、打撃精神論。
「レンジ、スタンスを変える前に、気持ちを変える必要がある」

2014年4月ファブリシオ・ヴェウドゥムがトラビス・ブラウンに勝利した。打撃で圧倒した。もう10年も昔、PRIDEのリングの上にはいつも圧倒的な強さを見せるシュートボクセ軍団の姿が見られた。PRIDEと現在のUFC、そのスタイル、戦いのセオリーも激変している。そんな2つの場所で、最高の打撃を指導してきたのがハファエル・コルデイロだ。シュートボクセからKINGS MMA、PRIDEからUFC。戦いは様変わりしても、ファイティング・スピリットの大切さを彼は強調する。移り変わるMMA、その打撃において、名参謀が打撃論ではなく打撃精神論を語ってくれた──。

☆クレイ・グィダ、ジョン・ジョーンズを勝利に導く
 イジースタイル・レスリングテクニック@パラエストラ八王子
 イズラエル・マルチネス meets 塩田“GOZO”歩&ヒデ三好

☆ISAO & 内村洋次郎が米国出稽古!
 チーム・オーヤマで見つけた課題と自信。

◆躍進。ROAD FC 現地取材!

☆5.31 ROAD FC 15 試合リポート
「日本人全滅、ハンセンも秒殺KO負け。
 アジアナンバーワンの座は韓国に奪われてしまったのか?」

☆北欧の処刑人に韓国で訊いた
 ヨアキム・ハンセンの現在。
「韓国からオファーがあって、日本からオファーはない。
 今はそういう時代なんだと思う」

☆川尻達也
 グィダ戦とROAD FCが教えてくれたこと
「勝つために必要なふたつの覚悟」

◆6.28 VTJ大阪が燃える!

☆岸本泰昭×中村優作×石原夜叉坊
「僕ら3人が出て盛り上がらないわけがない。
 大阪は荒れますよ!(たぶん)」

☆引退発言から6カ月、6.26 VTJで美木航と対戦
 タクミ「こんな楽しいことは……簡単にやめられなかった」

☆パラエストラ千葉ネットワーク
 鶴屋浩監督の強化練習に潜入!
 扇久保博正/児山佳宏/山本勇気/内藤のび太/征矢貴

☆国内MMAキーパーソンに聞く(07)
 相原雄一代表×勝村周一朗
 7月13日発進! GLANDSLAMとは?
 選手の愚痴から生まれたニュー・イベントが目指す、理想のMMA空間と生き残り方法。

◆総力特集「柔」。
着衣ありの格闘技として、日本から生まれた柔術。世界に伝播した「柔」は変容を遂げ、今なお進化を続けている。その源から最前線まで、それぞれの柔を追った。

■柔・The Gracie。

☆クロン・グレイシーの米国アカデミーでMMAデビューを聞く
「父の偉業を受け継ぐために戦う」

5月26日の日本でのMMAデビュー会見を終え、すぐにLAに戻ったクロン・グレイシー。6月5日、カルバーシティにある彼のアカデミーで、改めてREAL FIGHT CHAMPIONSHIPでのMMAデビュー戦について尋ねた。MMAデビューの時期、父ヒクソンのアドバイス、そしてクロンのMMA哲学に耳を傾けてみると、他とは一戦を画したMMAへの想いを、25歳の青年が胸に秘めていることが分かる。

☆ヒクソン・グレイシー
「失われてしまったヴァーリ・トゥードの
 柔術を我が息子クロンが取り戻す」

ヴァーリ・トゥードはMMAと名を変え、競技化とスーパーアスリート化によって驚異的な進化を遂げた。そんな現代MMAをことあるごとに批判してきたヒクソンは、父エリオから受け継いだ“本物の柔術”“ウォリアー・スピリット”の復権を、息子クロンのMMAデビューに託している。

☆Keep it Playful
 ヒーロン・グレイシー&祖父の教え

「Keep it Playful」そんな柔術の有り方を説き、実践するヒーロン・グレイシー。戦いの中で自己主張し続けてきたグレイシー一族にあって、ヒーロンがなぜ「KIP」にたどり着いたか。やはり、彼の柔術観を知るのが、一番だ。改めて、ヒーロン・グレイシーに柔術について話を聞いた。彼の言葉には「KIP」に通ずるピースが散りばめられているに違いない。

■柔・世界柔術。

☆5.28 - 6.1 世界柔術 2014 試合リポート part.1
「それぞれのmy Jiu Jitsu。百花繚乱。ブシェシャ、史上初無差別3連覇!
 ハファ・メンデスはコブリーニャ、ホイラーに並ぶフェザー級4度目の頂点に」

☆2014 World Jiu-Jitsu 階級別 Review

☆「モダン柔術」の真実。
 メンデス兄弟の柔術観とは?

兄弟揃ってワールドを制すること4度ずつ。2009年の黒帯初挑戦時から、50/50ガードを駆使し、柔術の概念を変えてきたギィ&ハファのメンデス兄弟。ベリンボロの精度を上げ、バリエーションを増やした彼らのスタイルは、いつからか「モダン柔術」と呼ばれるようになった。後追いをする者は数知れず、同様に批判する者も数知れず。その一方で、一本勝ちの比率も高い両者。そんなメンデス兄弟の柔術観をじっくりと尋ねてみた。このインタビューを読めば、読者のメンデス兄弟観もきっと変わるに違いない。

☆5.28 - 6.1 世界柔術 2014 試合リポート part.2
「モダン柔術全盛も、時代はパスガード!? たかが3ポイント、されど3ポイント。
 レアンドロ・ロはライトに続きミドルの頂点に。レプリが7年振りのライト級優勝!!」

☆吉岡大、極限状態にて──
「この世で一番戦いたくない相手=
 パウロ・ミヤオと戦う勇気を得るために」

08年のムンジアル=世界柔術黒帯ライトフェザー級で決勝進出。これまでで男子世界一に最も近づいた日本人柔術家が吉岡大だ。近年は序盤で敗れることの多かった38歳の吉岡が、今年はベスト8に進出。世界を席巻するミヤオ兄弟の兄パウロと戦った。客席の日本人選手団を熱狂させた大奮闘の裏には、我々の想像を超えた凄絶なる「己との戦い」があった──。

☆芝本幸司
「ジョアオ・ミヤオに、イメージを
 超える世界を見せつけられた」

☆女子アダルト黒帯ルースター級優勝!
 八木沼志保、道衣一筋10年の結実。

☆早川光由×植松直哉が総括!
 ここがヘンだよ世界柔術2014

相変わらず猛威を振るう「モダン」柔術戦法、吹き荒れる新技術の嵐、直前のルール変更、そして日本人初の黒帯世界王者誕生……話題に事欠かなかった世界柔術2014。今大会を視察した日本柔術界の重鎮、早川光由と植松直哉の両氏に、その成果と問題点を語ってもらった。

■柔。高専&七帝柔道 百周年記念大会

☆増田俊也、寝技の源流を語る。
「秘蔵写真で綴る高専柔道と七帝柔道、百年の奇跡」

京都武徳殿で行なわれた高専柔道・七帝柔道の百周年記念大会。『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』『七帝柔道記』著者である増田俊也氏に、知られざる歴史や、井上靖の『北の海』秘話などを聞いた。

☆松原隆一郎「教えて! 教授」
「失われゆく講道館ルールが今も生きる七帝柔道」

かつて嘉納治五郎と反目し、講道館から排除されてきた高専柔道の技は、国際ルール一色となった現代において、どのような意味を持つのか?

◆立ち技新時代!
 Kicking off a New Era

☆K-1復活祭 特別対談!
 関根 勤×前田憲作
「機は熟した!」

K-1が新体制で「K-1 WORLD LEAGUE」として日本で復活した。7月21日に若手大会、11月3日、東京・国立代々木競技場第二体育館で旗揚げ戦を開催する。新プロデューサーには前田憲作が就任し、小比類巻貴之らが脇を固める。そして、公式サポーターには大の格闘技ファンとして知られるタレントの関根勤氏が就任。共にブルース・リー好きの両者の対談は、熱いキック愛に溢れるものに!

☆伝統派空手出身のKrush王者対談
 山崎秀晃×朱里
「子供の頃から“習い事”で強くなる」

ベルトを巻く山崎秀晃と朱里は、組手・型と学んだものは違えど、ともに伝統派空手出身。かつ幼少期から他のスポーツにも挑戦してきた、アスリート王者だ。そんな2人が語る伝統派空手出身者ならではの強さ、そしてKrushからK-1への道。

☆6.12 Krush.42 試合リポート
「山崎秀晃、K-1目前のTKO勝利。
 ゴールデンフィスト不発!? それとも世界は広い?」

☆5.17 英雄伝説 試合リポート
「佐藤嘉洋、ベストファイトの末に
 世界王座挑戦はドロー。後日、暫定王者に認定」

☆“野良犬”小林聡に聞く

☆12月末に旗揚げ戦、61㎏日本最強決定トーナメント開催!
 立ち技格闘技界に新風を巻き起こす!?
 伊藤 隆×谷山歳於×山口元気
「我々はなぜBLADEを立ち上げたか」

RISE、REBELS、Bigbangの3プロモーションが新たな大会として『BLADE FIGHTINGCHAMPIONSHIP』の開催を発表したのは4月10日。その後、7.12RISE 100で『BLADE 0』として城戸&日菜太の試合が決定。しかし、旗揚げ戦に関しては発表がないまま7月を迎えようとしている。BLADE FCはどうなっているのか? 3プロモーション代表を直撃した!

☆6.15 M-FIGHT 試合リポート
「一戸総太、200万円トーナメントを制す!
 勝因は作戦&頑丈さ」

☆5.17-18 第1回JFKO全日本ウェイト制大会 試合リポート
 初の統一大会・重量級を制覇!
 日本一のヴァレリーキックの使い手
「山本和也の強さは蹴りの多彩さと……」

☆6.7-8 極真会館 試合リポート
「鎌田翔平が見せたベテランの“距離”
 上田幹雄に一本勝ちで全日本タイトル初獲得!」

◆FIGHT REPORTS

☆5.18 蹴拳
「35歳・藤原あらしが快挙!
 ルンピニーランカーを破る」

☆5.25 DEEP富士山
「アクシデントによる決着ではない
 佐々木憂流迦のテイクダウン勝利」

☆6. 1 Bigbang
「谷山俊樹が硬式空手王者に完勝!
 年末のBLADE参戦発言は……」

☆6.15 NKB
「大月晴明、NKB初参戦!
“爆腕”で秒殺KO勝ち」

☆5.25 TTF CHALLENGE
「長南亮の新機軸イベントで
 柴田“モンキー”が一本勝ち」

☆6. 1 NJKF
「国崇が再起戦で1R KO勝利
 7.21 宮元啓介戦が決定!」

☆6. 1 RISE WEST
「初の福岡大会で勝利した
 有松朝が7.12那須川戦へ」

☆6. 8 HEAT
「“新青い目の侍”ロバーツが
 アリ撃破で2本目の王座奪取」

☆5.18 新日本キック
「K-1甲子園王者・翔栄が悲願達成
 勝次を破り日本ライト級王者に!」

☆5.25 プロ修斗
「闘裸男ブランド復活第2弾興行
 冨樫健一郎が打ち合いを制す!」

☆5.25 ZST
「勝利は全てKOの森興二が
 今回も樋沼朝光に殴り勝ち」

☆6. 1 J-NET
「約1年ぶりの再戦の時、来たる
 優希が若山龍嗣を下し王座奪回」

☆6. 8 NJKF
「日タイ3vs3対抗戦は日本の圧勝
 翔は世界タイトル挑戦をアピール」

☆6.15 REBELS
「高橋幸光と小川翔がTKO勝ち
 4度目の対戦は秋予定の王座戦に」

◆BEACON SIGN

☆5.30 - 6.1 ONE FC 試合リポート
「OFC16でアスクレン&ナラントンガラグがデビュー!
 充実のラインナップに、どうする日本勢 !?」

「OFC17ではランボー宏輔、渡辺健太郎が敗れ、
 マニラ大会より、日本人ファイター6連敗」

☆6.6 Bellator MMA 試合リポート
「ベラトールが新機軸エリート・グループ制導入
 その1週間前に2014夏の陣が開幕。エリートは見つかったか !?」

☆COMING UP NEXT

◆SERIES

■ニッポンの格闘技

☆野良犬・小林聡がアドバイザー就任!
K-SPIRITで見た沖縄格闘技界の今。
マサ佐藤が西日本ライト級王者に
6.8 K-SPIRIT/5.18 TENKAICHI/5.11 Amateur Shooto

☆山田武士 心拍トレーニング 第18回
「代表ライセンス停止中に見た
 U-15の子供たちから感じたこと」

☆土居式・モテボディの作り方
「指導をする側・受ける側の
 コミュニケーションについて」

☆吉田 豪
「新★書評の星座」
『あきらめない、迷わない、逃げない。』
「1周して面白くなる著作。小比類巻貴之が語る
 格闘技に対する覚悟とは?」

☆Event Schedule/ゴンカク月間こだわりバウト/EVENTS PREVIEWS/NEWS & INFO/FROM READERS/読者プレゼント

◆Fight Square

☆BOXING
ボクシングの歴史を
感じさせる夏の風物詩

☆WRESTLING
五輪復帰による変革
階級変更の影響とは?

☆JUDO
初心者の新規加入を妨げる
勝利至上主義のシステム化

☆SAMBO
日本開催の世界選手権で
レフェリング技術に注目
戻る


☆ お勧め商品-お客様にはこちらの商品もどうぞ! ☆
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.8
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.8
1,830円(税込 Incl.Tax)
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.9
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.9
1,944円(税込 Incl.Tax)
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.10
[書籍+DVD] 柔術魂VOL.10
1,944円(税込 Incl.Tax)
DVD 極真空手道連盟極真館 極真空手型全集 下巻
DVD 極真空手道連盟極真館 極真空手型全集 下巻
6,040円(税込 Incl.Tax)
DVD 新極真会 第24回全日本ウエイト制空手道選手権大会
DVD 新極真会 第24回全日本ウエイト制空手道選手権大会
6,040円(税込 Incl.Tax)
DVD 修斗ウェルター級チャンピオンシップ 五味隆典 vs 佐藤ルミナ
DVD 修斗ウェルター級チャンピオンシップ 五味隆典 vs 佐藤ルミナ
6,040円(税込 Incl.Tax)
DVD 中井祐樹 柔術バイブル2
DVD 中井祐樹 柔術バイブル2
6,040円(税込 Incl.Tax)
DVD 黒澤浩樹 THE INFIGHT
DVD 黒澤浩樹 THE INFIGHT
6,040円(税込 Incl.Tax)